catch-img

【学校案内】教育理念や学校の特徴をマンガで分かりやすく紹介


【漫画化の目的】

学校創立者の教育理念や学校の特徴を分かりやすく伝える

【漫画のターゲット(読者)】

幼稚園児やそのご両親

【漫画の活用方法】

学校説明会やイベントで配布、商店でラック設置

LCA国際小学校

国際社会で活躍できる人間を育てることを教育目標にかかげ、神奈川県相模原市にて幼稚園と小学校を運営している教育機関。


気軽に読んでもらえるマンガだからこそ

受験生とそのご家族向けに、マンガで弊社の小学校を案内するパンフレットを制作しました。作ったパンフレットは学校説明会で配布したり、小児科や自動車ディーラー、お母様がよく集まる雑貨店や飲食店などに設置したラックに置かせてさせていただいたりして活用しています。
マンガの良いところは、何といっても気軽に読んでもらえるということですね。合同の学校説明会では200部用意したパンフレットが2時間でなくなってしまうという好評ぶり。お子様がまず手にとってくれるので、ご両親も気軽に読んでくださったようでした。しかも気軽に読んでいただいたのは、ご家族だけではないんですよ!ラックを設置させていただいているお店の方にも、校長が「あれ?どこかで見たことあると思ったら…あのマンガの人でしょ!?」と声を掛けられたこともあったようです(笑)
マンガはみなさん進んで読んでくださるので、学校という教育機関を商売くさくなくPRできるところにも強く魅力を感じています。マンガを使う以前は、パンフレットを配ると「入ってください」と言わんばかりで少し抵抗があったのですが、マンガなら「こういう学校なんですよ」と名刺代わりに気軽に渡せますね。その上、多くの方がその場ですぐ読んでくださるのでマンガは効果的なツールだと思います。


マンガで「何をどう伝えるか」から一緒に考えてくれる


そもそもマンガにしようと思ったのは、知り合いの政治家の先生やお世話になっているコンサルティング会社がマンガを使っているのを見て、マンガはいろんな世代に受け入れられるツールなのでは?と思ったのがきっかけなんです。その後、4~5社の制作会社を検討したのですが、一番親身になって話をきいてくださったこと、そしてオフィスを訪問させていただいた時に意識が高い会社だなという印象を受けたことが決めてとなって、トレンド・プロさんにお願いすることにしました。
当初、「漫画にしたい!」と強く思ってはいたものの、何をどう伝えたらいいのかよくわからなかったんですよ。でも、トレンド・プロさんがヒアリングをして私たちのニーズを掘り下げてくださったので、出来上がった漫画を見た時思った以上にいいものができたと思いましたね。その上「こんなに言っていいのかな?」と思うほどフィードバックさせていただいたのですが、それも丁寧に対応してくださいました。今回は弊社の小学校をマンガにしたので、次はぜひ幼稚園編も作ってみたいですね。


担当スタッフの企画意図

学校設立に至るまでの苦労や、教育への山口先生の熱い思い、学校の魅力をしっかり伝えるため、制作スタッフで現地取材させていただきました。読者に分かりやすく伝わるよう、タッチや構成も工夫しました。
担当:岡田光太郎(トレンド・プロ)


トレンド・プロ_マンガ制作部
トレンド・プロ_マンガ制作部

8,000件以上のマンガ制作を担ってきたトレンド・プロのマンガ制作部です。ビジネスコミック、プロモーション用のマンガ制作、マンガ広告、社員教育用のマンガ制作など多様なニーズにこたえるマンガ制作の編集を担っています。