catch-img

啓蒙(官公庁) 漫画制作事例5選

「官公庁、自治体の発信はお堅いイメージを持たれてしまう、親しみを持ってもらいやすくしたい…」
「子供・若者にも広く伝えたいが、内容がシリアスでなかなか読んでくれないし関心を持ってもらえない…」
「もっと楽しく内容を知ってほしい!」

社会的意義のある啓蒙活動でも、人々の興味を惹くのはなかなか難しいものです。
堅く、親しみづらいイメージを持たれてしまうことで、全く見向きもされないなんていうことも…。
啓蒙活動をスムーズに進めるには、まずは楽しく内容を知ってもらうことが必要です。

弊社では、そんな課題を持たれるお客さまに、マンガ表現の特徴である「読みやすい、わかりやすい、注目されやすい」を活かしたマンガを提案しています。
マンガはシリアスな内容でも視覚的に柔らかい印象で、かつ簡単に理解してもらえるメリットがあり、多くのお客様にリピートのご依頼をいただいています。

この記事では、官公庁にて啓蒙活動に活用されたマンガ制作事例を5つご紹介します。
啓蒙活動の方法にお悩みの方は、是非参考にしていただければ幸いです。

【認知向上】キャラクターが小学生に大好評! 外国人向けの英語版制作も大成功!

クライアント:経済産業省様




地球温暖化防止のための「CCS技術」解説用マンガ冊子です。小学校高学年向けに制作しました。キャラクターによる解説や、図説、写真資料なども交えて、理解が難しい技術をわかりやすく説明しています。中高生や大人まで楽しみながら学ぶことができる内容です。第1弾に続き、第2弾も制作。英語版は世界でも大ヒット!某国の大臣も読んだとか?

■お客様の課題・要望
CCSという地球温暖化防止の技術について、誰でもわかりやすく伝えたい

■マンガを導入した結果
・マンガなのですぐに手にとってもらえた!
・難しい説明を、図などを用いてわかりやすく表現できた!
・最後まで読み進めてもらえた!
・まさかの外国人に大ウケ!

■お客様の声(経済産業省 川端 尚志様)
文字と図だけでは説明の難しい技術でも、マンガにするととてもわかりやすくなりました。イベントなどを中心に、冊子を配布しています。わかりやすく、楽しみながら勉強ができるので効果的だと感じています。
また、英語版も外国人が興味を持ってくれて大ヒット!マンガにして大成功でした!

【啓蒙】日赤の堅いイメージを打破!学校教材として広く浸透させることができた

クライアント:日本赤十字社様




「造血幹細胞移植事業」について興味喚起を促す目的で制作しました。好評のためアニメも制作!イベントで公開したところ注目度バツグン!ネットでも公開し、さらなる広まりを期待しています。

■お客様の課題・要望
造血幹細胞事業についてより若い世代に広く知ってほしい

■マンガを導入した結果
・外部の有識者委員会で大絶賛!
・小学校の教材としても良好な反応!
・キャラを使った解説部分もじっくりと読んでもらえました!
・全国の関係施設から冊子追加の要望の声が多数届いた!

■お客様の声(日本赤十字社 鈴木様)
「子ども霞が関見学デー」というイベントで「ツトム君のようにドナーがなかなか見つからない人がいるので、おとなになったらドナーになりたいです」という具体的な感想をもらいました。ちゃんと狙った年代の子に効果があるとアンケートでわかりました。

【警鐘】リアリティあふれる展開で薬物乱用の恐怖を表現した啓蒙マンガ

クライアント:内閣府様




内閣府の推進する「青少年の薬物乱用を防止するための取組み」の一環として、薬物乱用の怖さを啓発する資料として制作。内閣府ホームページで公開され、その真に迫った内容は関係者からも高い評価を得ています。

■お客様の課題・要望
若年層に薬物乱用の怖さを啓蒙したい

■工夫したポイント
・20代前半のターゲット層にリーチできるよう漫画で表現
・読者を意識した設定、ストーリー展開で薬物乱用が身近にあることを知らしめる
・主人公の破滅を描き、薬物を軽い気持ちで始めてしまう結末の怖さを表現

【公式ガイド】10年以上にわたり、毎年約30万人に配布される裁判員制度のバイブル的ガイドマンガ

クライアント:最高裁判所様




裁判員制度裁判実施前に、啓蒙活動として全国で実施された「裁判員制度フォーラム」のテキストとして制作。実施後は名簿に記載された裁判員候補者(毎年約30万人)に送付される資料の一つとして、改訂を重ねつつ10年以上にわたり活用されています。

■お客様の課題・要望
老若男女が対象となる裁判員候補者に、裁判員裁判の様子を理解させ、参加を速成させたい

■工夫したポイント
・幅広い層に受け入れられるタッチの漫画家を起用
・漫画+解説が見開き完結するQ&Aと、裁判の時系列に合わせたページ構成で、読者の理解を促進
・裁判員役(老若男女)や先生役(裁判官)を配した登場人物で、制度の身近さを感じられるよう工夫

【全国展開成功】全国の小中学校、全3万5千校に配布、子どもたちにお金の大切さを伝えた漫画

クライアント:日本銀行様




日本銀行の広報組織、金融広報委員会が制作した小中学生向け金銭教育コンテンツです。
オリジナルの漫画は1993年に制作し、その後新装版も制作。全国3万5千校の小中学校に配布されました。
アニメ版は現在YouTubeでも公開されています。

■お客様の課題・要望
小中学生を対象とした金融教育に、効果的なツールを作りたい

■マンガを導入した結果
・「金銭教育」を漫画で楽しく学べる教材になった
・子どもたちが主人公のストーリーを通して、ワクワクしながらお金の大切さを学べる
・アニメ版は「名探偵コナン」の制作スタッフを起用。高いクオリティで長年子供たちを飽きさせない作品になった


この記事では官公庁による啓蒙活動の主な事例を5つピックアップしましたが、他にも多数の実績がございます。
弊社にご相談いただければ、過去の制作実績9,000件の中からお客様のお悩み解決に近いマンガ活用事例をご紹介いたします。 もしご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

トレンド・プロ_マンガ制作部
トレンド・プロ_マンガ制作部

8,000件以上のマンガ制作を担ってきたトレンド・プロのマンガ制作部です。ビジネスコミック、プロモーション用のマンガ制作、マンガ広告、社員教育用のマンガ制作など多様なニーズにこたえるマンガ制作の編集を担っています。